Android講習会1日コース

 

本講習会に参加していただきありがとうございます。

講習会は下記の順に従って進めてまいります。Javaの超初心者を対象にしていますので予めご了承お願いします。

 

基本は


  1. 開発環境設定
  2. 本講習会で使用するJava
  3. Hellow World!! プロジェクト作成から実行。
    setContentView(R.layout.main);
    AnalogClock Views = new AnalogClock(this);
    setContentView(Views);

    親クラスのメソッド

    EXCEL 住所録1= new EXCEL(山田,23)と同じパターン

    住所録1.仕事と同じパターン

  4. アクティビティ画面の作成とOn Click Listenerの実装
    • Button DisplayButton1;
      DisplayButton1 = (Button)findViewById(R.id.button1);
    • DisplayButton1.setOnClickListener(new ButtonOsita());
    • class ButtonOsita implements OnClickListener{
    • public void onClick(View view){
      DisplayText1.setText(messge);

    EXCEL 住所録1

    住所録1=(WORD)住所録2と同じ

    implements OnClickListeneインターフェイス

    public void onClick(View view) はインターフェイスに記載される内容

    住所録1.仕事と同じパターン

  5. インテントの作成
    Intent intent = new Intent(Intent.ACTION_VIEW,Uri.parse("http://www.yahoo.co.jp"));
    startActivity(intent);
    形を覚える
  6. ローカルデータ保存(プリフェレンス)
    • 読み込み
    • SharedPreferences activity = getPreferences(MODE_PRIVATE);
      setContentView(R.layout.main);
    • CheckBox ch1 = (CheckBox)findViewById(R.id.checkBox1);
      ch1.setChecked(activity.getBoolean("C1", false));
    • ----------------------

    書き込み

    SharedPreferences activity = getPreferences(MODE_PRIVATE);

    Editor editor = activity.edit();

    CheckBox ch1 = (CheckBox)findViewById(R.id.checkBox1);

    editor.putBoolean("C1",ch1.isChecked());

    editor.commit();

     

    書き込み時はEditerクラスが必要、このEditerクラスで定義されたediterがそれぞれのデータを書き込んで行く。

    最後にeditor.commit();で記憶させる。

  7. 画像を表示して動かしてみる
    • public class ImageDraw2 extends View{
    • public ImageDraw2(Context context){
      super(context);
      }
      protected void onDraw(Canvas c){
      super.onDraw(c);
      c.drawColor(Color.WHITE);
    • }
      }

    クラスの定型のパターン。

    親クラスViewで定義されたonDrawは決まりのパターン。

    キャンパスをcに定義してそれが図形を描いていく。

    またPaintクラスが登場して色や太さを記憶してくれる。